国際物流ニュース

米国への荷動き増加!|日本海事センター(Japan Maritime Center)、2020年8月の荷動き量を発表!

アメリカ進出 物流業務一括サポート 輸出入代行

9/24/2020に日本海事センターのウェブサイトで8月の荷動き量が発表されました。

2020年8月のアジア(18ヶ国・地域)から米国【アメリカ】へのコンテナ荷動き量は、1,825,758TEU(約182.6万TEU)でした。

この数字にあまり”ピン”と来ていない方に補足説明すると、

 1.この数字は、月単位では、過去最高の数字です。*2018年10月に記録された1,740,000TEUを更新しました!

 2. 前年比13.4%増です。

要は、アジアからアメリカへの荷物の動きが増えているのです。

次に国別、商品別の情報は下記になります。

国別

  • Vietnam:194,332TEU (31.2% up)
  • China:1,143,451TEU (17.4% up)
  • South Korea:81,787TEU (3.1% UP)
  • India:72,009TEU (2.3% up)
  • Taiwan:59,634TEU (0.5% up)
  • Japan:40,864TEU ( – 28.5%)

Commodity(商品)別

  • Furniture:330,037TEU ( 37.9% up)
  • Machine:159,939TEU (29.5% up)
  • Auto Parts:75,200TEU ( – 5.7% down)

Covid-19の影響で自宅で仕事する方が増えたため、家のリフォームや家具の需要が増えていることの影響も大きそうです。ただ、未だにAuto Partsの需要が少ないことから、日本からのコンテナ量が減少しておりますので、今後に期待したいところです。

最後になりますが、荷動き量の増加に伴い、コンテナ運賃も上がっておりますので、アメリカに商品を輸出される方は、コンテナ運賃にご注意ください。

情報参照元「日本海事センター」【外部リンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です