西海岸労使交渉どん詰まり!業を煮やした組合が作業停止-カリフォルニア州オークランド港

米国物流業界紙によると、11月14日オークランドのメインターミナルであるオークランド国際コンテナターミナルの港湾作業員が朝から船舶の運行を停止し作業が進まない状況になっていると報じている。

労使交渉が長期化していることに加え、西海岸上げのコンテの取り扱いが減少してオペレーターの実質業務時間が大幅に減少している。

こうした不満が交渉の早期妥結を経営側に迫る示唆行動とも見られる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です